占星学と心の探求

占星学の心理的・エネルギー的・構造的視点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦手意識と全体性

女子高生ではない(中卒で子持ち)・生活保護を受けながら遊びまくってる・無理やりSEXさせられたのではなくむしろ自慢さえしていたなど、相手女性の素性がどんどんバレてきている小出恵介さん問題。真偽のほどはそのうち分かってくるだろうが、彼のホロスコープを見ながら「土星の苦手意識」ついて考えるのにちょうどいい例だと思った。

土星というと「劣等感・苦手意識」といったマイナスイメージで語られる。確かに心の内面においてはそうなのだが、外の態度・行動においても同じように現れるわけではないということ。これは心理学の防衛機制を考えてもらうと分かりやすい。人は心に過度の負担がかかった時、そこから自分を守るために様々な防衛行為をする。「そんなしんどいことは考えないようにする」と心の奥底にしまってしまう抑圧。「苦手なのを隠すためにあえてそれに調子を合わせたり、得意に振る舞ったり」しようとする反動形成。「自分と同じようなネガティブさを持ってる人をすごく嫌ったり」する投影。「苦手なんかじゃない、むしろ俺はそれが大得意なんだ!」と現実を否定しようとする否認。

他にも様々な防衛機制があるが、「苦手・マイナス意識」といったエネルギーがそのまま表面上分かるような形で現れるわけではない。小出恵介さんの例で言えば、

・土星と火星の0度
・蠍座の土星

という典型的な「性(男性性&SEX=他者との親密な交わり)」に対しての不安定さがある。「火星(男性性)が土星の影響を受けているんだから弱々しかったりウジウジしたりする人だろう」というのは1つの例であって、それが防衛機制の形を取って逆に振れることもある。マッチョ志向になったり、妙に強気になったり。

小出恵介_ホロスコープ


酒に酔うと豹変するだとか、女の子を取っ替え引っ替えするとか、彼の場合この防衛機制から来る部分がかなり大きいと思える。防衛機制をしてる人の行動にははっきりした特徴があって、それは「根本に苦手意識があるから表に現れる行動にもどこかチグハグ感が透けて見える」ということ。本当の恋の達人(上手な人)がやれば華麗にできて後腐れなども一切ないだろうが、女性を見抜くこともできず騙されたり、たとえ邪な考えを持っている相手であってもそれを上回ってコントロールしてしまう(自分の虜にする)こともできない。

下手な人が必死に取り繕って見栄を張っている感がすごくする。彼の場合は否認・打ち消し・反動形成のような形で無理に表現していたのかもしれない。つまり土星の苦手意識にも(表面上においては)様々な形があるということ。単純に「苦手だからそういうことはやらない人だろう」とは言えない。



そしてもう1つ。「他のエネルギーも影響も与えてきて全体としての表現になる」ということ。蠍座の土星、土星と火星の0度だから「性や親密なふれあいがまったくダメだろう」という単純なことではない。男性性エネルギーにおいてはそうかもしれないが、彼の場合、女性性エネルギー(月・金星)はとても魅力的だ。

・天秤座の月
・水瓶座の金星

ここからは女性に対してすごく接しやすい、優しいエネルギーが注いでくるのが分かる。女性が持てば誰とでも友達になれるような、男性が持てばとても人気があってモテそうな。

こういう一方では「男性的な力強さ・引っ張っていく力(=火星)・相手と親密に触れ合う力(=蠍座)」に苦手意識があり、もう一方では「女性的な優しいふれあい(月@天秤座)・誰とでも気軽に触れ合える心の広さ(金星@水瓶座)」がある。ネガティブ・ポジティブ含め、こういう様々なエネルギーが複合的に絡まってその人の全体としての表現が生まれる。

※さらに彼の場合は「冥王星と金星の90度」という強力なエネルギーもかかってくる。

ホロスコープというのはそういう「全体性」のことであり、どこかにマイナス部分(土星の苦手意識・冥王星の執着意識)があったとしても、他のプラス部分(魅力的な月・金星)が助けてくれたり、あるいはちょっと距離を置いた部分(水瓶座の水星など)がうまくバランスを取ってくれたりすることもある。全体としてどういう表現になるかは様々な可能性があって、そういうのはやはり実際の人を見ないと分からないものだ。



今回は「酒に飲まれて女漁りをするダメ男」みたいな表現になったが、他にも可能性は考えられ、私はこういうのもあるんじゃないかな~と思ったのがこれ。

小出のだめ

苦手な男性性意識が逆に触れたパターン。自分は男性性を否定(抑圧)し、女性性になることでそれを男性に投影して得ようとする形。火星については非常に歪んでいるが、月@天秤座・金星@水瓶座についてはとても魅力的に表現している(女性には好かれるキャラ)。

自分が接するもの(小出恵介さんの場合は演じる役柄)には結構ヒントが含まれているものだ。


Latest

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。