占星学と心の探求

占星学の心理的・エネルギー的・構造的視点

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アングルにおける意識の4区分

占星学にはアングルと呼ばれる「アセンダント・ディセンダント・MC・IC」という4つの方向性がある。人間意識にとって重要な方向(上昇点・下降点・天頂点・天底点)を4つに分けているということは、「その意識区分も4つに分けられる」という考え方から来ているのだと思われる。

この方向性を元に意識の4区分について考えてみよう。

アングルにおける意識の4区分1

アセンダント(上昇点)。太陽が登る東の地平線に充てられ、そこからまさに人間意識が発芽する場所。容姿・見た目・ものの捉え方・考え方などその人の基本的資質を現す。それはもっとも原初的にして本能的。考えずとも無意識的に出てくるもの。自分の外見というのも生まれた瞬間に世界に現れる。

IC(天底点)。黄道と子午線(天底側)の交わり点。自我に目覚めた意識がより自分のソース(源)を探しにいく場所。自分が自分であるための基盤、オリジナルな存在になるための原動力(原点)となるもの。ここに触れることで誰でもない確固とした自立した個人(自己)になる。

ディセンダント(下降点)。太陽が沈む西の地平線に充てられ、ここから意識は自己から他者(自分以外の存在)へとその興味を移す。それは自分以外の多様な意見(価値観)を知ることであり、世界が大きく広がっていく起点。単体的なものの見方から複合的(集合的)なものの見方への飛躍。

MC(天頂点)。黄道と子午線(天頂側)の交わり点。多様な価値観を知った自己がより大きな世界へとその活動の場所を映していく場所。社会、公共、集団生活の場。様々な人(ものの見方・価値観)が様々な生き方(その活動)をしている中に入っていく。それは自己の世界観を最大限に広げると同時に、自分が人生で目指すべき地点(目標・理想)を示してくれる。


この基本的な4方向は、それぞれ1ハウス(ASC)・4ハウス(IC)・7ハウス(DES)・10ハウス(MC)の境界に充てられている。確かにアングルの意味はそのハウスの意味とほぼ同じものだからだ。つまりこの4つの活動宮の場が意識区分にとって大きな分かれ目になっていると考えられる。

アングルにおける意識の4区分2



これまでいろいろ考察してきたように、ホロスコープの意識区分(意識成長の流れ)にはいくつかの考え方がある。自我として原初的なものから確立した自己へ、そして他者、社会へと成長していくのはどれも同じなのだが、どこでいくつに区分するかという考え方には様々なものがある。

このアングルについてもその場所を「意識が発達していく最初の起点」と考えれば、
○1~3ハウス
○4~6ハウス
○7~9ハウス
○10~12ハウス
という区分の仕方ができる。

アングルにおける意識の4区分3b

その場合は、

○1~3ハウス
自我として最初の目覚めが起き、自分の最初のあり方(見た目・容姿・ものの捉え方)が作られる。自分の意志が生まれ、価値観を作り、言葉を覚えて様々な知識を得ていく。それが自分(自我)としての基本的姿を作っていく。

○4~6ハウス
基本的な形が作られた自我は、より確立された自立した自己を生み出そうとする。そのために自らの原点(ソース・アイデンティティ)を探し、それを元に自分なりの創造性を発揮する。表現された自己を繰り返し見つめること(内省)でさらに確固とした自分に近づいていく。

○7~9ハウス
確立された自己は同じように確立された他者を知ろうとする。それは自分とまったく違う価値観・世界観・あり方を知ることであり、自分ひとりの単体世界から違う他者も加わる複合世界へ活動の場を移すことでもある。それはより自己を高度化させる。

○10~12ハウス
他者も加わった複合世界は「社会」というまったく別の世界を作っている。その場所での自分のあり方を探していく。それは高度化された世界であり、そこで人生の深淵なる姿も見えてくる。目指すべき地点、自分の理想とするもの。人生の到達目標となる場所。

といった意識区分の仕方になるだろうか。アングルがその意識を目指す最初の起点となる。



これに対してアングル本来の意味に沿った区分の仕方もある。アングル(angle)とは「角・角度」という意味で、図にしてみればこういう感じになる。

アングルにおける意識の4区分4

アセンダント・ディセンダント・MC・ICそれぞれを頂点とした四角形の姿。この場合、活動宮(アングル)を中心として1つ前の柔軟宮と1つ後の不動宮を加えた三角形で1つの意識領域を形作ることになる。

この区分の仕方だと、「1つ前の場所(柔軟宮)がアングルの意識を生み出す母体となる」と考えるのだろう。

アセンダントなら1つ前の魚座(12ハウス)がすべてを溶かし、新しい意識を生み出す魂の母体になる(そのための柔軟性)。そこから次の牡羊座(1ハウス)で新しい命を燃え立たせ世界へと出現させる(そのための活動性)。そして牡牛座(2ハウス)肉体・五感・快不快・価値観などによってその存在を固定させる(そのための不動性)。

ICなら1つ前の双子座(3ハウス)で身近な人とコミュニケーションし、兄弟姉妹とふれあい、自分の存在を支える家族・家庭・身近なコミュニティという母体に気づくための準備をする。そこから次の蟹座(4ハウス)で自分の巣を育てるために活動する(家庭の良さ・安心できる場所をたくさん味わう)。そして獅子座(5ハウス)でその安心感から生み出された自分の創造性を発揮することでその存在を固定させる。

ディセンダントなら1つ前の乙女座(6ハウス)で自己を見つめ、磨き、1つの個体として完結させることで「同じ別の個体=他者」に気づくための準備をする。そこから次の天秤座(7ハウス)で他者とふれあうために活動する。そして蠍座(8ハウス)で2者のきずな=お互いの存在感を固定させる。

MCなら1つ前の射手座(9ハウス)で他者と溶け合い集団化した状態を作ることで、社会化への母体作りをする(そのための原理・概念・理想・信念)。そこから次の山羊座(10ハウス)で生み出された社会=集団へ向かって活動する。そして水瓶座(11ハウス)で集団の中にあっても揺るがない独立した個を作ることで「集団と個の関係性」を固定させる。

○母体を生み出すための柔軟エネルギー
○生み出された意識を広げる活動エネルギー
○それを固定させる不動エネルギー

そうやって「前段階としての柔軟宮→起点としての活動宮→安定させるための不動宮」という3つの作用により、1つの意識区分を成長させるという考え方になるのだろう。



それぞれ興味深い区分の仕方だが、意識を4つに分けているのは同じ。アングルでは意識を4つに分け、4元素(火・地・風・水)では意識を3つに分ける。こういう分け方を全体としてどう1つのものに統一していくかはこれからの課題。


スポンサーサイト

性エネルギーの原初

オナニーをしていれば分かるが、性欲の根本的なものは「異性的な資質にふれたい」という欲求だと思う。人は自分と反対の性に対して深い憧れがある。普段の自分(性)では届かないものだからこそなんとかそれを手に入れたい・ふれたいと強く願う。男性なら女性が持っている美しさ・柔らかさ・優しさ・受容力・包容力・温かさ、そういったものにふれたい、自分のものにしたいと。女性なら男性が持っている格好良さ・力強さ・逞しさ・能動力・活発性、そういったものにふれたい、自分のものにしたいと。

それが性欲となり、異性とセックスしたい(付き合いたい)というい原初的なエネルギーになるわけだ。

オナニーというのは、実際の異性との付き合いとは少し違っていて、すごく個人的・内面的・自己的な行為だと思う。それは自分が心の中で想像する「異性イメージ」を強く意識させ、それとまぐわうための色々な方法論(エロ行為)を考え出す。その時、エロの情熱に飲まれながら知らず知らずのうちに異性イメージを自分の中に取り込んでいるわけだ。この「異性的イメージ」に対する欲求は明らかに「実際の人間としての異性」の付き合いとは分けて考えるべきだと思っている。それはオナニーと実際の異性とのセックスの違いではっきり分かることだ。


そういう視点で性エネルギーを考えてみよう。占星学の教科書では性エネルギーは「火星と金星が現す」と考えるのが基本になっている。ではなぜ火星と金星なのか?

あくまで仮説だが、地球を中心として地動説的宇宙を見た時、内惑星側へと向かう最初の惑星が「金星」となっていて、外惑星側へと向い最初の惑星が「火星」となっているところに秘密があるのではないだろうか?

性エネルギーの原初

月はもちろん地球を中心に公転しているので左右どちらも含んでいる。それに対して金星は内惑星側へと、火星は外惑星側へと向かう最初の惑星になっている。この原初としての2方向(内側&外側)がそれぞれ陰的なもの=女性性、陽的なもの=男性性の基本的エネルギーになっているのではないだろうか?

私たちが個として性的な資質を備えようとするとき、「内側へ向かうエネルギー=女性性」・「外側へ向かうエネルギー=男性性」それぞれ2つの方向性を区別し、それが肉体的な女性 or 男性としての性別差として現れる。

女性として生まれたものは反対性である男性性(外向的エネルギーの原初)をなんとか自分のものとしようと性の欲求を覚え、男性として生まれたものは反対性である女性性(内向的エネルギーの原初)をなんとか自分のものとしようと性の欲求を覚える。それが性的エネルギーの最も基本的・原初的エネルギーとして私たちの本能に含まれるのではないだろうか?と。


そういう仮説に立つと、「反対性への欲求」と「個としての特定他者とのまぐわい欲求(いわゆる恋・愛)」は分けて考えるべきなのではないかと思う。確かにこの2つは重なる部分がある。だが男性にとって反対性である女性性的資質は永遠の課題であり、女性にとって反対性である男性性的資質は永遠の課題である。それは「自己の統合」という意味において自分自身の内面において行うべき作業。実際の個である特定他者とのふれあいは、確かにそれに刺激を与えてくれるものではあるが、「自己の内面作業(男性性・女性性の統合作業)」と「自立した個との融合」とは別個のものなのではないかと。

そう考えると「他者とのまぐわい」である天秤座・蠍座の支配性が金星・火星と考えることの矛盾も見えてくる。異性性ではないのだ。天秤座と蠍座は「他者」と関わる星座であり、性エネルギーを超越したところにある意識だと言える。そういう考えに至ったとき、天秤座・蠍座(7ハウス・8ハウス)に対するもっと深遠なものが見えてくるのではないだろうか。


4つの方向 3つの層(2)

この4つの方向性は、それぞれバランスを取りながら1つの意識的次元層を構成する。その中で起こる様々な動き。それが人間の心理活動・行動活動の源泉となる。

1-4図 5-8図 9-10図


4つの方向性が1つの層を形作っているわけだが、このままだと安定しすぎて「次の動き」へつながらない。そこで第5の方向性として1~4をまとめる動き(円運動)が起こってくる。

4システム_3b

この第5の動きが意識を上昇させ、もう1つ上の次元へと飛躍させる。その時、この第5の動きが新しい次元における起点になって次の5~8が生まれてくる。

そうやって意識の次元層が3つできることになる。

○個の要素の次元
○完成された個(自己)の次元
○集団性の次元

それは回転しながら上昇する螺旋運動とも言える。

4システム_4b

物事の仕組みとしての3層構造。これが投影されたものの1つとして「子供→親→祖父母」という、家族における3つの意識層などがある。

火の星座が他の星座と違うのは、この「意識次元を上昇させるちから」があること。彼らが持っている創造力は、その内部に下位の4つの方向性エネルギーを包んでいて、それらの衝突から生み出されてくるもの。火・地・風・水というすべての原理を含むからこそ、その創造行為(牡羊座=アクション、獅子座=表現、射手座=思索)には生命の息吹が感じられる。


4つの方向 3つの層(1)

占星学では星座(ハウス)を「4つの元素」に区分している。それは心理学の4機能に対応されている。

・火の星座(牡羊座・獅子座・射手座)= 直観機能
・地の星座(牡牛座・乙女座・山羊座)= 感覚機能
・風の星座(双子座・天秤座・水瓶座)= 思考機能
・水の星座(蟹座・蠍座・魚座)   = 感情機能

この4つの方向性はそれぞれ対立しながら様々な動きの元となるエネルギーになっている。

・最初の動きの起点となる火のエネルギー
・その反映物(対立)となる地のエネルギー
・火と地の対立を統合する風のエネルギー
・風を命あるものへ融和させる水のエネルギー

4システム_1



火のエネルギーは物事の起点となって新しい動きを起こさせる「創造のちから」。

自我を生み出す精神、個人の行動エネルギーとなる情熱=牡羊座。ここからすべての活動は始まる。植物の芽生え、宇宙のビッグバン、最初の直感的ひらめき。まだはっきりした形ではないが「これから何かが始まる!」という新たな予感。物事の発火点。

自己を創り出し、そこに意志をもった表現物を生み出すちから=獅子座。自立した存在として自分なりの意識がある。アートにしろ子供にしろ獅子座が表現しようとしているのは「1つの命」。1枚の絵の中にその絵自身として独立した命を与える。それはまだ子供のように未知だが可能性に満ちている。自己が自己としての花(命)を咲かせる起点。

個々の独立したものをまとめ、1つの大きなまとまりに仕上げるちから=射手座。物事はより大きなものの構成物となってすべてを連結させる。バラバラだったものに共通の原理を見出し、普遍的な概念を与え、より大きな存在へ飛躍させる。人生にも歴史にもそれを動かす大きな意志(視点)がある。その上位の視点の起点となるもの。

火の創造力



地のエネルギーは起点となったエネルギーを現実化させ、形あるものにする「反映のちから」。

精神に対する物質。こころ(精神)に対する肉体。自我意識に対する五感感覚=牡牛座。火のエネルギーは目に見えないからこそ、形あるものにするための反映力が必要になる。反映があってこその精神。欲求があってこその自我。純粋な肉体感覚(快不快)は純粋な精神感覚に通じる。

自己を完全なものとして現す身体。自己意識を完成させる内省力=乙女座。それは牡牛座のものよりも包括的。牡牛座の五感感覚はあくまで一瞬一瞬の自我精神を反映するものだが、乙女座は全体性としての自己精神を反映する。精神と身体のバランス。それは自己を全体として表現できているかの指標。健康は自己を知るバロメーター。想像的他者も自己を反映するもの(ふれあう人・接する人・他人をどう思っているかは自分自身の内面を現す)。

まとまりを形あるものとして組織化するちから=山羊座。射手座によって見出された原理・概念・ビジョンと元に具体的なルール・規則を作り、個々のものを1つに組織化する。それは経験則となり、歴史文化となってまとまりをより強化させる。上位の視点を具体的に現すもの。年長者・リーダー・首長・地域的な土着神。

地の反映力



風のエネルギーは二元化されたものを1つ上位の視点で止揚する「統合のちから」。

精神と物質を名を付けることによって統合し、言葉(思考力)によってその関係性を見出す=双子座。それは新たな知識となり、文字化することで一般化させ世界を大きくさせる。精神と物質の間のコミュニケーション。自我と肉体の間のコミュニケーション。コミュニケーションはより上位の視点へ止揚するための統合力。

自己と他者をつなげる関係力=天秤座。人と会話し、相手のことを理解し、それを受容するために努力する。確固たる個と個であるからこそその統合は困難は極める(人間関係トラブル)。統合は愛をもってしかなされない。それは個と個を1つにまとめ、より上位の視点(集団意識)へ飛躍させる。

集団と集団をつなげ、原理と原理を統合し、最終的な統一地点へ進化させるちから=水瓶座。異なる文化的価値観、歴史的認識。物事に対する知識、経験。それぞれにまとめられたものを「1つ」の元に集約する。科学的思考(知識の統一)、資本主義(経済の統一)、国際組織(国家の統一)、インターネット(コミュニケーションの統一)など。最終的な上位視点(神)へ飛躍させる覚醒エネルギー。

風の統合力



水のエネルギーは風によって統合された視点を実体ある存在として命を与える「融和するちから」。

言葉と思考によって観念化された思考は感情を生み出す。それはこころとなり実体ある生命になる=蟹座。物事のもととなる原初的カタチ。新たな命を想像するイマジネーション。その母体。魂を与えられることによって個の存在が誕生する準備が整う。

自己と他者を交換し、お互いに理解し合うことによって生まれる共有意識=蠍座。愛による融合は新しい命を生み出す。子供・創作・共同行為。2つが1つになって作られる新しい可能性。それはより上位の視点(集団意識)を生み出す母体となる。

水瓶座によって見出された統一意識に命を与え、最終的なワンネス意識に実体を与えるちから=魚座。ユートピア・極楽浄土・すべての魂の母体。だがその実体化には死の壁を越えなくてはいけない制限があり、この世では半分しか達成することができない。神に届くために必要なエネルギー。でも半分しか届かないエネルギー。地上に堕された天使。科学的思考も資本主義も国際組織もインターネットも、半分しか人を幸せにすることができない。(※1)

水の融和力





------------------------------------------------------------
※1 2011年に海王星が発見(1846年)されてから1公転分の時間(約165年)が経ったことにより、これからは魚座の本当の力が目覚めてくると予想される。


意識の3区分

占星学には「火の星座・地の星座・風の星座・水の星座」と4つに分類する考え方がある。この分類法による意識の3区分についてまとめてみたい。この分類法では人間の意識を3つの段階に分ける。

①「(1個の個人を構成する)要素の段階」
②「確立された個の段階」
③「確立された集団の段階」

意識の3区分

最初の「要素の段階」では、1人の個人を構成するもっとも基本的な要素として「精神(牡羊座)・肉体(牡牛座)・知性(双子座)・情緒(蟹座)」を成長させる。心理学的に言えば「直観機能・感覚機能・思考機能・感情機能」。もっとも基本的なレベルにして大事な部分。このレベルのエネルギーが人間の様々な活動を可能にさせる。そういう意味で言えば人間が存在するために必要な本能的エネルギー。

誰でもない1個の存在として自分の意志(精神)を持つ。それはこの世に確固とした自分の感覚(肉体)を与える。意志と感覚を1つにつなげるものとして思考(知性)が生まれ、思考によって作られた信念(考え方・見方・捉え方)により感情(情緒)が生み出される。



この4つの基本要素を統合する存在として「自己」という確固とした個別意識が生まれる。それは1~4の時のような無意識的・本能的なものではなく、より自覚的で自立的で内省的なもの。自分の意志があって感覚があって、思考することができ感じることもできる。そういう全体存在としての自分。確立された個の次元。

中二病などに代表される10代の頃を思い出すと分かりやすい。自意識が強くなり、他人を過剰に気にするようになる。自分という存在、他人という存在。自己は他者の存在を対比することにより、より強く意識される。自己意識が強くなるということは他者意識が強くなることと同義。ここから人間関係というテーマも生まれてくる。

オリジナルで創造的で唯一のわたし(自己=獅子座)。それを意識させるあなた(他者=乙女座)※1 だがどうやってもその2つは相容れない。何か絶対的な壁がある。その自己と(想像的)他者をつなげるものとして、「人との関わり(天秤座)」という意識が生まれてくる。それは自分の中での想像的他者ではなく、本当の意味での実在的他者。自分と同じように独立し、1個の存在として確立された他者。その他者の、独自の、「精神(意志)・肉体(感覚)・知性(思考)・情緒(感情)」を理解しようと関わる。自分の勝手な理想を投影した「恋」ではなく、本当の相手自身を知るための「愛」。ここで確立された自己と自己(他者)の交換が行われる。



確立された自己と自己(他者)を交換することにより、人はもっと大きな意識を生み出していく。それが「確立された集団の次元」。家族・社会・共同体・国家。人が存在するところには必ずそれを統合する集団(意識)がある。その集団性がテーマになるのがこの次元。

集団を形作るための価値観を生み出し(ビジョン・思想・信念・哲学=射手座)、それを元に具体的組織を作る(ルール・規則・仕組み=山羊座)。※2

理念はさらに多様な理念を生み出し、それを元に多様な組織が作られる。あるいはビジョンはさらに多様なビジョンを生み出し、それを元に多様な集団が作られる。自分が所属する集団は他の集団を意識することにより、より強化され確固としたものになっていく。

それは人間がそれぞれ確立した個として無数に存在すると同様、集団もまた確立された集団として無数に存在するようになること。ここに理念観の対立、組織間の対立が生まれる。あるいはある価値観(信念)を元にまとまる世代間の対立が生まれる。


この2つを統合するものとして「統一性意識(=水瓶座)」が目覚めてくる。組織間を移動する人、異文化と交流する人、宗教間を渡り歩く人。その違いを止揚する上位の概念を見出す。様々な地域の神を統合する唯一絶対神の概念、様々な国を統合する国際組織のイメージ、様々な知識を統一する科学的思考。それぞれの集団性を1つのものに統合する新しい概念。それは唯一的であり、絶対的であり、それまでの集団にとって革命的なもの。と同時に固定され安定していた組織をまったく新しいものへ進化させるもの。

その統一ビジョンによって作られる実際の姿(=魚座)。だがそれが現実になることはそれまでの組織(安定したルール・価値観・あり方)を根本から破壊することになる。科学主義が極限まで進んだ世界(攻殻機動隊・電脳コイル・アバターなどの世界)、資本主義が極限まで進んだ世界、唯一的宗教が極限まで進んだ世界。

その壁を超えきってしまうことはある意味、死の世界とつながってしまうことでもある。ユートピア・極楽浄土・ワンネス世界など。





------------------------------------------------------------
※1 乙女座の「他者」は厳密な意味での他者ではなく、自分が心の中で想像する「想像的他者」というのがより正確。本当の意味での他者は次の天秤座・蠍座のレベル。

※2 おそらく獅子座(自己)―乙女座(想像的他者)と同じように、ここでも射手座(自集団)―山羊座(想像的他集団)の対立があるのではないかと思われる。まだしっかり理解できていないが組織と組織の対立を生み出す原因となるもの(右翼VS左翼、自民党支持者VS反対勢力、巨人ファンVS阪神ファンなど)。


Latest

//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。